家を購入するなら頭金って大事だよ!

住宅ローンでの支払う時に最初に支払うことになるまとまったお金… これって超~重要なんです。

*

新築一戸建てや新築マンションの住宅ローンの支払いリスクを上手く低減させる方法

   

一戸建ての購入やマンション購入で大切なこと…
それは住み始めてからの住宅ローン支払いのことです。

どのような物件を、いくらの頭金で買うか…

これらは住んでからの支払いの楽さを左右するものなので、よく考えて決断することが重要。

だから住宅ローンに失敗しないために、貸してもらえる額、借りられる額がイコール返せる額ではないことを十分認識しておくことが最も大切なことなのです。

今の自分の年収なら住宅ローンがいくらまでなら払えるか、を冷静に考える抜くこと…。

また、もし返せなくなった場合のとこも考えて、戸建て住宅の購入やマンション物件選びをすることが大切です。

昔の社会なら会社を辞めさせられることがなかったことも、今の社会はこれまで思ってもいなかったことがすぐに起こりえます。

私自身、大手銀行マンとして就職して3度も合併経験するなんて思ってもみませんでした。

何を言いたいかというと、大企業だからといって将来の補償はまったくありえない…
ということです。

どんな会社にもリスクはあるもの…。
そう考えると仮に最悪の事態に陥っても今持っている物件が売れやすいとか、住まいを賃貸にして住宅ローンが払えるかどうかは、必ず考えておくべき点だと思います。

ただ、実際問題として、新築一戸建てや新築マンションを購入した金額で売却できる、なんてことはまずありませんし、物件を貸しても住宅ローンが払えるなんてこともほぼあり得ません。

新築価格には、新築という価値が上乗せされています。
実際の実勢価格よりも高く設定されているのです。

だから、新築一戸建てや新築マンションは、買った途端に価値が2割は下がります。

つまり、5000万円で買ったものが4000万円になってしまうのです。

そうならないためにどうすればいいのか…

それは、購入額が売却額にできるだけ近い中古物件を選ぶことが1つの方法です。
また、物件価値が下がると思われる額を頭金で支払ってしまうこともいいかもしれません。

新築一戸建てや新築マンションは購入直後に価値そのものが下がってしまう…
このことは、もちろん損得だけで割り切れるものでありませんが、どうしてもここに住みたいと思っているのなら、なるべくリスクを軽減する方法を考えて物件を選択しましょう。

 - 住宅ローンと頭金 , , , , ,